日本橋中同窓会の皆様へ

生徒の夢をかなえる学校づくり

第10代校長 平松 功治

 同窓会の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また、本校教育活動につきましては、平素より格別のご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 平成25年4月1日付で、前任の田部井重雄校長の後任として、中央区立中央小学校より、本校第10代校長として着任いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 本校は江戸時代から日本の中心として栄えてきた日本橋地区にある唯一の公立学校として、中央区立第四中から日本橋中に脈々と伝わる40年の歴史と伝統を育んできました。着任して初めに感じたことは、保護者、地域、卒業生の皆様が本校に寄せる熱い思いとともに、歴史が現在の本校の校風を形づくっているということです。このようなすばらしい伝統校に校長として着任できたことは、誇りに思うとともに身が引き締まる思いです。

 平成26年度は日本橋中学校にとって、開校40周年という記念すべき喜ばしい節目の年を迎えています。これまで8,654名の卒業生が本校を巣立ち、さまざまな立場で活躍されています。日本橋中学校開校40周年を迎えるにあたり、保護者、同窓会、地域など今日まで学校を盛り立ててくださった皆様と心を一つにし、今後ますますの校運の発展を祈念するため、平成26年11月15日(土)に記念式典、祝賀会を開催いたします。何卒、ご支援ご協力をお願いいたします。

 さて、現在本校に通う生徒たちは、このような伝統ある日本橋中学校を母校とすることに誇りをもち、「凛として、確かな学びで大きく伸びる日本橋、心通わせ夢かなう学校」をスローガンに、明るく元気に、楽しい学校生活を送っています。

 中学生が夢をもち、それをかなえる場面の一つとして、部活動があります。多くの生徒が部活動に熱心に取り組み成果を残しています。その中でもご存じのように吹奏楽部の活躍は特筆すべきもので、平成25年度も中学生マーチングバンドの大会で全国1位になりました。これまで全国大会で9年連続して金賞を受賞し、そのうち8回が全国1位という輝かしい結果を残しています。もちろんその栄光を手に入れるまでの努力は並大抵ではありません。すべての生徒たちに夢をもってもらい、それに向かってひたむきに努力できる人になってもらいたいと思います。

 今後もさらに充実した教育環境を整え、子どもたちの人生の礎となる知・徳・体を育む地域に根ざした学校、生徒たちの夢がかなう学校をめざしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

トップページへ戻る